忍者ブログ
アトリエ41のアクセサリーや造型などの製作日記(*・ε・*)
<< 2017/12 >> 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[01/11 尾崎斗志]
[06/26 41yoshihito]
[06/24 井上]
[12/14 いとせ]
[12/13 竹中]
プロフィール
HN:
YOSHIHITO
性別:
男性
自己紹介:
高専機械工学科を中退し特殊メイクを学ぶため上京。
専門学校卒業後フリーランスの造形師として活動。
現在はサラリーマンをしながら作家活動中( *´艸`)
バーコード
ブログ内検索
P R
ブログ内検索
忍者カウンター
最新トラックバック
忍者アナライズ
[39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

普段甘いものを食べない私が某ドラマの原作を読んでいていたら、ウイスキーボンボンを食べたくなった(`・∀・´)

そして、久し振りにウイスキーボンボンを食べていたら、このウイスキーはどうやって封入しているんだろう、ウイスキーのとろみはなんなんだろうと疑問が湧いてきた(๏д๏)

そうなったらもう作るしかない(≧∇≦*)

ということで、取り敢えずいろいろ調べてみるとボンボンショコラとはそもそもチョコレート(ショコラ)で作った一口大の菓子(ボンボン)の事のようで
ウイスキーボンボンとはウイスキーを使ったボンボン その中にショコラを使ったモノがあるということのようだ。

ということで早速100均にいって型やらボウルやらを買ってくる。
幸いバレンタイン間近だったので普段ない道具が色々揃っていた(゚∀゚)

まずはテンパリングする。
カカオの結晶は不安定なようでテンパリングしないと質が落ち艶も無くなるみたい。

今回はウイスキーボンボンの他にコーヒーボンボンも作ってみようかと思う。

色々なレシピを見てみてもウイスキーボンボンのレシピは見つからず、とろみの正体がハッキリと分からなかったがほかのボンボンショコラに水飴を使っているのを見つけたので取り敢えず水飴で試してみることに(´•ω•`๑)
とろみがないとチョコレートで封入するときに混ざってしまって上手くいかないらしい。

コーヒーの方は生クリームでコーヒーを煎れそれを水飴でとろみをつける。
思いつきのレシピなので上手くいくか不明(´Д`;)

まずは型にチョコレート流し余分なチョコレートを出すために型をひっくり返しておく。
そして、型のチョコレートが固まったらコーヒーを入れて行く。


さらに封入するためにチョコレートを上からかけていく
がっ!

コーヒーのとろみが足りないのか入れ過ぎたのかやり方が間違っているのか、コーヒーのなかにチョコレートが沈んでいってなかなか上手く封入出来ない(^_^;)

とはいえなんとか8割位はまともなボンボンショコラになった。(ノД`)


気を取直してウイスキーボンボンの方へ。

この前食べたウイスキーボンボンを思い出してとろみをつける。

そして、いよいよ封入作業(=゚Д゚=)


???こっちはチョコレートが沈まず封入しやすい(`・ω・´)

とろみのせいか大きく比重が違うのか全部うまく行った(゚ロ゚)


今回ウイスキーボンボンにはジムビームというバーボンを使ったがやはりブランデーの方が香りが効いていいように思う。

コーヒーボンボンの方も思いの外うまく行った。
本当は紅茶ボンボンも作る予定だったが煮出すのに失敗した(^^;

週末にチョコレート渡そうと思っている人は試してみては?(≧∇≦*)

暫くチョコレートはいりません(´・ω・`)

拍手[1回]

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
© [ BLUE MIRAGE - bm-black ] 忍者ブログ [PR]